ふかひれ 石渡商店

ふかひれの姿煮からスープまで宮城県気仙沼でふかひれ一筋 ふかひれ製品の石渡商店

TEL:0226-22-1893 / FAX: 0226-23-8636

受付時間 8:00~17:00(月曜~金曜)
FAXでお問い合わせの方はFAXお問い合わせ用紙をご利用ください。

お客様の声 気仙沼復興に向けたお客様の決意ををお伺いしました。

気仙沼復興への決意、そして未来値の展望を お客様にお伺いしました。

ますや食堂

宮城県気仙沼市古町3丁目3-2

0226-23-1493

店舗所在地

沢山の皆さんに感謝しながら1日でも長く店にでたい。

気仙沼の玄関ともいえる気仙沼駅前に店があり、店主は元気で今でも現役で店に出ている。40年前から営業しており、ふかひれを扱い始めて10年になるとのこと。ふかひれラーメンは少しづつ手を加えながら今日の味にしている。東京など遠方のお客様も多く、できるだけ安く提供したいと日々営業をしている。

震災後は店の被害はなかったがすぐには営業できず、1ヶ月後に手元にある食材で、豚汁などを無料で振る舞ったとのこと。全国から手紙や支援物資が届き涙が止まらなかった。

中華家 かいか

宮城県気仙沼市明戸60-1

0226-24-3751

店舗所在地

被災した方々の生活基盤が早く戻るように願いたい。

ふかひれ姿煮、ふかひれスープチャーハンでふかひれを使用。
色々な人の手で出来上がるふかひれを最後にお客様に提供する立場なので責任があり、特に形が崩れないように注意してふかひれの繊維1本づつに味がしみるように仕上げているとのこと。

震災で店は大きな被害はなかったが10日後に店を開けて、無料のラーメンを配った。

やまと食堂

宮城県気仙沼市魚町2丁目2-1

0226-22-0611

店舗所在地

この場所もこれから区画整理で取り壊しになるが、年齢と戦いながらやれるところまで店を続けたい。

平成8年頃よりふかひれラーメンを出している。
海鮮風でズワイガニも入っていてさっぱりした魚介スープで食べやすいラーメン。

とにかく安く提供したいと値段も上げずに努力している。地元の人だけでなく観光客も多く来店。その他にふかひれシューマイなどもあり。

震災では店は建物は残ったが全壊で、一時は閉店しようとも考えたがその年の12月に何とかオープンすることができたとのこと。今でも仮設住宅から通って店を開けている。

泰平鮨

宮城県気仙沼市田中前1丁目5-16

0226-23-6250

店舗所在地

若い職人が早く店を再開し、気仙沼を盛り上げて欲しい。

気仙沼寿司組合に加盟。25年前からふかひれをメニューに取り入れ観光客やビジネスマンにふかひれ姿をにぎりで出している。和食ではむずかしい食材なので扱いには神経を使う。形が崩れないように味付けをし、シャリに合うようにしているとのこと。

震災で店が床上まで津波が来たが40日後に何とか店を再開し、少ない食材でお客様に提供。毎日忙しく休む暇もなかったと振り返る。

あさひ鮨

宮城県気仙沼市南町1-2-2 ホ-1-2 (気仙沼復興商店街紫市場内)

南町に人々が戻り生活できる街を造り、若者にバトンを渡すまでまだまだ現役を続けて行きたい。

震災直後は何も考えることもできなかった。別の場所で再開することも考えたが、南町の若者の一言でみんなで南町で店を再開することを決意し、沢山の協力を得て南町紫市場で店をオープンさせた。地元の人はもちろん観光客が多数利用、ふかひれ金翅を使った軍艦は人気の一品です。生かされたことを感謝して、南町を復興させるため今後も気仙沼の役に立てるように努力していきたいとのこと。

© 株式会社 石渡商店