ご注文の流れ

電話でのご注文

ふかひれの石渡商店 > 産地・気仙沼のご紹介

産地・気仙沼のご紹介

フカヒレの中心地 気仙沼港

日本有数の漁師の街「気仙沼」

宮城県の北東端に位置し、リアス式海岸が特徴的で漁業が盛んな地域です。
沖合いは黒潮と親潮がぶつかり合う良漁場で世界三大漁場「三陸沖」としても有名です。サンマやカツオの主漁場となっていますが、フカヒレに関しては日本一の水揚げ量を誇ります。

気仙沼

また、2011年3月11日の東日本大震災で、気仙沼は致命的な被害に合いましたが、その後地元の人々の努力とや全国の皆様からの様々なご支援により震災当時と比べると大分立て直すことができました。今もまだ震災の爪後が残っていますが、皆が手を取り合って気仙沼の復興に取り組んでいます。

気仙沼 復興

フカヒレと気仙沼

フカヒレと気仙沼

中国料理の高級食材として有名なフカヒレですが、元々はマグロ延縄漁業の際に釣れたサメからとられたのが始まりと言われています。

日本は世界でも有数のフカヒレ生産国と言われていますが、その中でも気仙沼産のものに関しては加工技術に優れているため高級品として扱われています。また、最近ではB級グルメとしてフカヒレラーメン等がメディアに取り上げられることが増えたこともあり、フカヒレの名産地として気仙沼のイメージが強くなっています。

漁師ならではの味わい方

古くから漁が盛んな気仙沼では漁師に合わせた食に関する風習が多くあります。
長期に渡る船上生活での野菜不足を考慮して、ホルモンに野菜を添えて出したことが始まりとされる「気仙沼ホルモン」など、漁師の生活に合わせて様々な食文化があります。

フカヒレで有名なサメも、実はフカヒレ以外も全て利用できることから、「一切無駄のない魚」として地元の漁師に好まれていました。気仙沼から生まれた地元料理が注目されることが多くなり、地元以外にも観光客が多く訪れるようになりました。

漁師ならではの味わい方

フカヒレ商品一覧

お買い物について

  • 配送料は地域別です。東北・関東648円〜

    送料は、2015年11月2日正午より地域別とさせて頂きます。(沖縄・一部離島は1,200円(+税)、クール便は1,600円(+税)。支払いが銀行振込・郵便振替・コンビニ払いの場合は、お手続き確認後の発送となります。

    決済方法

    決済方法

    商品のお支払いについては、銀行・郵便振込・コンビニ払い・代金引換・クレジットカードの5通りの決済方法をご用意しております。お客様に合ったお支払方法をお選びください。

  • 配送時間はご希望の時間帯を指定可能

    配送時間

    お届けの希望時間帯は、午前中、午後12時から14時、14時から16時、16時から18時、18時から20時、20時から21時の間でご指定いただけます。

    何でも気軽にお問い合わせください!

    住所 〒988-0141
    宮城県気仙沼市松崎柳沢228-107
    電話 0120-108-537
    メール お問い合わせはこちら
    FAX 0226-23-8636
    受付 月曜〜土曜 8:00〜17:00
    定休日 日祝日